婦人

健康肌を保ちたい40代におすすめの化粧品を探そう

目元に自信を持てる

目元

まつげ育毛剤はまつげの発毛を促して量を増やすもので、病院で処方されるものがほとんどです。まつげ育毛剤にはビマトプロテストという成分が含まれています。このビマトプロテストには、毛周期を長く維持する効果や、毛包を刺激してメラニンを活性化させ、量を増やして濃くする効果があります。ビマトプロテストは育毛や増毛に効果があると認められており、臨床試験で安全性も明確に証明されています。現在では多くの人にまつげ育毛剤が使われています。効果があるのはもちろん、夜寝る前に塗るだけで良いという簡単な使用方法で、忙しくても続けることができるといった点が人気の理由となっています。また、まつげに重みができることによってまぶたが二重になったなどの声もありそういった点でも人気があります。

長く濃く丈夫なまつげを育てるのに効果がある商品として、まつげ美容液やまつげ育毛剤がありますが、美容液と育毛剤には違いがあります。美容液は長く濃くするためのもので、マスカラやビューラーなどのアイメイクによるダメージの修復をするトリートメント効果や、丈夫で抜けにくくするなどの効果があります。もともとあるまつげを育てるものとなっています。一方で育毛剤は発毛を促進して量を増やすもので、もともとのまつげが細い、少ない、まばらに生えている人におすすめできます。美容液はドラッグストアやスーパーなどで気軽に購入することができますが、育毛剤は病院で処方されるものがほとんどです。長さが短かったりコシがない、細くて量が少ないなど自分の状態を理解して合ったものを選ぶようにしましょう。